徹底活用☆太陽光発電ノウハウ集

HOME > 太陽光発電の豆知識 > 太陽光発電で固定資産税対象になるケースについて

太陽光発電で固定資産税対象になるケースについて

土地、あるいは建物に対して掛かる固定資産税に関してですが、太陽光発電にも課税されるケースがあります。
建物を増加させるのではなく、屋根に対してパネルを付けただけと考えるかもしれませんが、固定資産税に関しては建物のもつ資産的な価値に対し、税金がかかります。
したがって太陽光パネルの分家の価値が増加したと扱われれば、税金が増加します。
それでは、課税されないケースもあるわけで、どういった場合で課税されるか、その反対にされないのかということを意識しておかなければいけません。
新築の住宅に太陽光発電の設置を行った場合はそれほど意識することがないかもしれませんが、すでにある住宅に太陽光発電をセッティングした場合、突発的に固定資産税が上昇してしまうケースがあります。
セッティングしたあとで、固定資産税増額に気が付いても設備を変更できません。
したがって、課税対象の太陽光発電に関して押さえておきましょう。


基準として二つの捉え方があり、まず第一にどういった形で太陽光パネルがセッティングされているのかという事で屋根に対して一体型ならば瓦などと同じ様に屋根の一部分という形で取り込まれてしまいます。
そういうことから建物の資産的な価値が増大するということで、固定清産税がかかります。
また、そういうことでなく、架台要するに太陽光パネルをポジショニングするための台そのものが屋根に対して設備されている状態になっているときは、屋根及び太陽光パネルについては別物で不動産ということではなく動産という形で取り扱われ、課税対象になる心配はありません。
もうすでに建てられている家屋に対して太陽光パネルを付けるという場合には、ほとんどのケースで架台でセットされていることになるでしょう。


もう1つは、太陽光パネルの出力によって分類されることになります。
一般的に考えて出力そのものが10kW未満でありますと自宅用、10kW以上でありますと産業用という相違があります。
一般家庭用の出力が非常に低い太陽光パネルであれば何一つ心配する必要はないのですが、ここにきて一個人でも10kW以上の太陽光パネルをセッティングする方が増加傾向にあります。
産業に特化した太陽光パネルを付けると、事業用と捉えられて課税対象になると言えます。
それに加えて、かりに10kW未満でも、一般家庭で活用するのではなく売電によって収益を出すために個人事業主となって太陽光発電に取り組むのであれば課税されることになります。
しかしながら、国はクリーンエネルギーを増加させようということで太陽光発電の固定資産税においては、優遇措置を設定しています。

カテゴリ

PAGE TOP