貴方の家に合った観葉植物を一緒に考えます まずは販売店へ

インテリアにうるおいをもたらすために観葉植物を置きたいと考えている、でもどんなふうに選べば良いかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。どんな場所に置きたいのか、お部屋をどんな雰囲気にしたいのかによってふさわしい植物は違ってきます。また、植物によって育てやすさもさまざまで、初心者向けのものから上級者向けのものまであります。観葉植物にはとてもたくさんの種類がありますので、やはりプロに相談して選ぶのがベストな方法です。お近くの販売店に出向けば、的確なアドバイスとともに、置く場所の条件とご希望の雰囲気に合う観葉植物をきっと見つけてもらえます。もちろん気になるお手入れの方法についても納得がいくまで十分に説明してもらうことができます。

まず観葉植物を置く場所の日当たりを把握しよう

まず肝心なことは、お部屋のどんな場所に観葉植物を置きたいのか決めることです。というのは、植物の元気を保つためには、その場所の日当たりのよさに合った植物を選ぶことがなんといっても一番大事だからです。植物によっては、日当たりのいい場所でなければ難しいものもあります。逆に、あまり日の当たらない場所でも元気に生育してくれるものもあります。よく日の当たる場所か、レースのカーテン越しなどに日が当たる明るい日陰か、ほぼ完全に日陰になってしまう場所か、そういったことを把握して販売店に向かいましょう。その場所の日当たりに適したベストな観葉植物を的確に選んでもらえます。また、気温の変動があるところか、寒いときにはどのくらいの温度になるのかも把握しておきましょう。植物によってはあまり寒い気温のところには向かないものもあるからです。

置きたい観葉植物の大きさや雰囲気を決めよう

観葉植物は、大きさもさまざまです。ですから、どんな大きさのものを置きたいのかも明確にしておきましょう。存在感のある大きな鉢を置きたいのでしょうか。卓上に飾る感覚で小さなものを置きたいのでしょうか。特に、大きなものを置きたい場合は、実際に置いたときに大きさのイメージが違った、うまくおさまらなかった、ということがないように、置きたい場所のサイズを測っておいた方がよいでしょう。また、それを置くことでお部屋にどんな雰囲気をもたらしたいのかも考えておきたいところです。観葉植物にはナチュラルで和む感じのもの、トロピカルなリゾート感をもたらすものなど、さまざまな雰囲気のものがあります。目指すイメージを販売店の担当者に伝えることができれば、それに合う植物を選んでもらえます。部屋の写真などを見せて相談するのもおすすめです。